最大ドラグ力と実用ドラグ力の意味

はっきりしないのでダイワとシマノに問い合わせました。厳密に解説しましたので少しややこしいかもしれませんが、スッキリしたい方は読んでください。

最大ドラグ力とは

最大ドラグ力とは、ダイワとシマノともにスペック表の糸巻き量までラインを巻いた状態でドラグを締めていき、発揮できる最大のドラグ値です。

以下ではダイワとシマノそれぞれについてもっと厳密に解説します。

ダイワの場合

ダイワの場合厳密に言うとこうなります↓

ダイワの最大ドラグ力とは、スペック表の「巻取り長さ」になるまでスプールにラインを巻き、ドラグを最大限締めた状態のドラグ力です。

とはいうものの、実際ほとんど差はないので「標準巻糸量」までラインを巻いた状態での最大ドラグ力ということでも間違いないです。そっちのほうが分かりやすいです。

✔️ここがみそ「巻取り長さ(cm/ハンドル一回転)」を基準にする

例えば、スペック表の「標準巻糸量」まで糸を巻くとします、それだと糸の銘柄によって糸を巻いたあとのスプールの外径は違ってきてしまいます。外径が違えば同じ力でドラグを締め込んでもドラグ力は違ってきます。

スプールの外径が太ければドラグ力は弱くなりますし、細ければドラグ力は強くなります。これだと、同じリールを測定しているのに違う値が出てきてしまうわけです。

対して、スペック表の「巻取長さ(cm/ハンドル一回転)」になるように糸を巻くということにすれば、どんな糸を巻こうがスプールの外径は同じになります。ですので糸の銘柄や種類に影響されることなく条件を揃えてドラグ力を測定できるということになります。

しかし実際は微々たる違いなのでそこまで厳密に考える必要はなく、ダイワに問い合わせてもこちらからツッコまない限り、まず「標準糸巻量を巻いた状態での測定でございます。」という答えが返ってきます。

ダイワとのやりとり

まずはダイワのサイトに書いてある答えがこれです↓

ドラグを締め込める限界点でラインを引き出せる力となります。

ダイワ公式サイトQ&Aより

これではどういう状態で測定されるものなのか分からないのでダイワにメールで問い合わせたところ「標準糸巻量を巻いた状態での測定でございます。」という回答が返ってきました。

しかしそれでは上記で述べた通り、ラインによってドラグ力が変わってきてしまいますので今度は電話で「ひょっとすると標準糸巻き量ではなく巻取長さになるまで巻いた状態で測定しているのではないか」と問い合わせました。

すると、電話の担当の方もなるほどと納得したようで技術者に聞いてみるということになり、しばらく電話を保留にして技術者に問い合わせてくれました。するとやはりスペック表の「巻取り長さ」になるまで糸を巻いた状態で測定しているという考えで間違いないということでした。

シマノの場合

シマノの最大ドラグ力とは、スペック表の「糸巻量」まで糸を巻きドラグを最大限締めた状態のドラグ力です。

ここでもダイワの時と同じ疑問が出てきます。スペック表の「糸巻き量」まで糸を巻くとありますが、それだと糸の銘柄によって糸を巻いたあとのスプールの外径は違ってきてしまいます。外径が違えば同じ力でドラグを締め込んでもドラグ力は違ってきます。

スプールの外径が太ければドラグ力は弱くなりますし、細ければドラグ力は強くなります。

しかし、糸の違いによる差は微々たるものなのでスペック表の「糸巻き量」の糸を巻いた状態で測定しているという考えで間違いないということです。

シマノとのやりとり

まずはシマノのサイトに書いてある答えがこれです↓

測定基準:基準ラインを規定量巻き、ドラグを最大限手で締めた状態でラインを引く。
この時にドラグが滑り始めた時点のテンションを最大ドラグ力と呼びます。

シマノ公式サイトQ&A

そもそも「基準ライン」と「規定量」が何なのかが分からないのでメールで問い合わせると、「スペック表の糸巻量の欄に表記している号数糸巻量を巻いた状態での計測となります。」という答えが返ってきました。

しかしそれでは上記の通り糸の銘柄によってドラグ力がちがってきてしまいます。ですので今度は電話で「ひょっとすると糸巻量ではなく最大巻上長さになるまで巻いた状態で測定しているのではないか」と問い合わせました。

結果、「糸の違いによる差は微々たるもの、またPEやフロロによっても違いがあるので厳密さを求めてもきりがないので、やはりスペック表の糸巻量を巻いた状態で測定しているという考えで間違いない」ということでした。

がっ余談になりますが、ここで新事実発覚!

シマノのリールは最大巻上長になる量の糸は巻けない

ということです。

どういうことかと言うと、「最大巻上長」というのはスプールいっぱいまで糸をパンパンに巻いた状態で測った値だということだったんです。なので、実用的な値ではないんですね。ここら辺の細かさはシマノらしいですね。

私は20年以上釣りをしていますが初めて知りました、皆さん知ってました?

実用ドラグ力とは

まずスペック表の「糸巻量」まで糸を巻きます、そしてドラグを徐々に締めていくと当然ですが徐々にドラグ力は強くなっていきます、ところがある点を境に少しドラグを締めただけで一気にドラグ力が跳ね上がってしまいます。この「ある点」を変曲点と呼びます。実用ドラグ力とは変曲点のドラグ値です。

実使用で容易に調整できる範囲とはいったいなんなのだ

「実使用で容易に調整できる範囲とは」ドラグ最小から実用ドラグ力までの範囲

のことです。

ここの部分を私は誤解していました、最初になにやら「実使用で容易に調整できる範囲」というというものがあって、その範囲の最大が実用ドラグ力だと思っていたんですがそうではなく全く逆で、まず「変曲点」というものがあってその変曲点までの範囲が「実使用で容易に調整できる範囲」ということなんですね。やっとすっきりしました。

シマノとのやりとり

まずはシマノによる実用ドラグ力についての説明です↓

測定基準:基準ラインを規定量巻き、ドラグを手で締めた状態でラインを引く。
この時に実使用状態で調整が容易にできる範囲での最大張力を実用ドラグと呼びます。

シマノ公式サイトQ&A

これでは何もかも分からないのでまず、上記以外のこともメールと電話で問い合わせました。以下が問い合わせ内容と回答です。

Q基準ラインとは何ですか

スペック表の糸巻量に対応した号数の糸です。銘柄は特に決まっていません。ちなみにナイロンはどこの会社のものでもほとんど違いはなくフロロは固さによって少し違いがでてきます。とはいうものの微々たる違いなのでそこまで厳密にやるときりがありません。

Q規定量とはなんですか

スペック表の糸巻量のことです。

少しでもお役に立てたら幸いです、ありがとうございました。

リール

Posted by UL&GT